ビッグレース情報


スマホマクールは予想が見やすい!!
スマホマクール

12/1〜12/6
下関
競帝王決定戦


優勝戦総括
公開中

進入で動きはなく、スタート展示と同じく枠なり3対3。
優勝戦は6艇がゼロ台の鋭い仕掛けとなった。村上遼が4カドから伸びたが、桐生順平がインで受け止めて逃げた。1M、鋭い旋回で押し切る。1周バックは村上と2コースから差した石野貴之の争いとなったが、伸び節一の村上が2着。道中で追い上げた西山貴浩が2周2Mで石野を逆転して3着でゴール。

6日間の売り上げは約96億円で目標の90億円を大幅に上回った。馬場貴也が優勝した3月の周年では101億円を売り上げた。それには及ばなかったが、売り上げ目標を達成。予想以上に盛り上がったと言える。唐津周年と開催日程が一部かぶったが、ナイター開催の強みを発揮した。

大村グランプリ直前のGIだったが、桐生と石野がシリーズを力強く引っ張った。ともにグランプリでも大暴れしそうだ。桐生は「初日トライアル1st第11R」の2号艇、石野は同12Rの3号艇。まずはトライアル1stを突破して、2ndに駒を進めたいところだ。

グランプリシリーズに出場する西山は遅ればせながら今年GI初優出。不調を脱した。前回からペラの調整をつかみ、復調の手応えをつかんだ。今後が楽しみ。

一方、優出した柳生泰二、村上、吉田裕平も大会を盛り上げた。柳生はGIのドリームに初めて選出され、準優ではアウトからまくり快勝。通算4度目のGI優出を果たした。

エースボートを武器に、台風の目として大暴れした村上は予選を3位でクリア。記念で初めて準優1号艇を獲得。準優は柳生にまくられ、惜しくも2着だったが、3度目のGI優出を果たした。伸びは節一だった。

吉田は準優でアウトから2着に入り、うれしいGI初優出。ワースト級のエンジンを立て直して結果を出した。思い切りのいいハンドルさばきが光った。西山と同じく今後が楽しみ。

当地の次回周年は2024年1月の予定。来年9月にはプレミアムGIヤングダービーが開催される。

優勝者コメント・桐生順平

「特訓で石野さんの伸びが気になったので、特訓が終わってペラをたたきました出足を殺して伸びを来させた。4番(村上)が見えたのでハンドルを切れず、1マークは行きすぎました。エンジンに助けられました。ハンドルに足が引っかかってやってしまったと思ったけど、舟が返ってきて良かった。グランプリは1走1走頑張ります。今後もボートレース桐生順平をよろしくお願いします」


□TOPへ