ニュース

スマホマクールで雑誌が読める!!


◆【桧村賢一コラム】トライアル2nd出場がグランプリ優勝への近道

桧村バナー


11月21日更新

グランプリの出場権を懸けた争いは、チャレンジカップまでの年間獲得賞金で決まります。ルールが改正になり、獲得賞金7位〜18位がトライアル1stに出場して2日間戦います。得点上位6名がトライアル2ndに進出して、獲得賞金1位〜6位の選手と戦います。トライアル2ndは3日間で、得点上位6名が優勝賞金1億円の優勝戦に進出です。トライアル2nd1回戦は、1〜3号艇を1位〜6位が占め、モーターも勝率上位6位までのものが抽選で割り当てられます。このルールになってから、グランプリの優勝者は2ndからしか出ていません。

チャレンジカップの選考順位で19位以下からグランプリに出場するのは、1、2名です。優勝すれば出場できますが、ジャンプアップなしは過去に2回あります。

女子のクイーンズクライマックスは、レディースチャレンジカップの獲得賞金12名が出場します。トライアルは3日間で、得点上位6名が優勝戦に進出します。昨年のボーダーは2773万円でした。

●過去3年間のグランプリ出場のボーダー賞金
トライアル 2020年 2019年 2018年
2nd(6位) 9379万円 9439万円 7829万円
1st(18位) 6670万円 6366万円 5707万円

集計期間:2021年1月1日〜2021年11月20日

順位 選手 獲得賞金額

1 峰竜太 137,525,000
2 平本真之 114,624,640
3 濱野谷憲吾 108,603,928
4 原田幸哉 107,815,266
5 前本泰和 92,642,000
6 白井英治 91,096,000
7 桐生順平 90,784,666
8 毒島誠 80,754,481
9 石野貴之 75,527,274
10 丸野一樹 72,587,000
11 馬場貴也 69,865,449
12 菊地孝平 67,880,000
13 篠崎仁志 67,539,000
14 池田浩二 66,542,840
15 西山貴浩 66,146,532
16 坪井康晴 60,994,000
17 佐藤翼 60,287,666
18 新田雄史 60,257,000
19 瓜生正義 60,137,000
20 湯川浩司 59,866,274
21 太田和美 59,411,000
22 篠崎元志 58,691,999
23 秦英悟 58,637,000
24 中島孝平 58,145,000
25 上野真之介 57,303,000
26 今垣光太郎 56,652,000
27 羽野直也 55,430,266
28 茅原悠紀 55,233,000
29 辻栄蔵 54,404,166
30 稲田浩二 52,734,066

桧村プロフィール




□TOPへ