ニュース

スマホマクールで雑誌が読める!!


優秀選手表彰式典、中止が決まる

1月21日更新


【瓜生正義】

競走会は2月3日に開催予定だった「令和3年優秀選手表彰式典」の中止を決めた。理由は新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していること。昨年(2021年)のように無観客でも実施することもなく、中止となったのは残念だ。

受賞選手のコメントは以下の通り。

最優秀選手
最多賞金獲得選手
記者大賞
瓜生正義(福岡)

「最優秀選手という光栄な賞を頂きありがとうございます。ボートレースを盛り上げていけるように精進してまいりますので、今後ともご声援の程よろしくお願いいたします」

最優秀新人選手
畑田汰一(埼玉)

「最優秀新人賞を受賞出来て、素直にうれしいです。受賞したからには、これからも結果を残して、みなさんの期待に応え続けられるように、責任を持って走ります。これからも応援してください」

最高勝率選手
峰竜太(佐賀)

「年末のグランプリでは非常に苦い思いをし、皆様にもご迷惑をおかけしました。勝率に関しては、自分の中でも本当にこだわっている部分なので、7年連続で最高勝率のタイトルを獲得することができ嬉しく思います。これからも精進してまいります」

最多勝利選手
石川真二(福岡)

「自分のレーススタイルを応援してくださるファンの方々の声援や妻の存在が、1年間を走り続けるモチベーションとなりました。コロナ禍でレースができるという恵まれた環境に誠意をもって、1走1走を丁寧に走り続けた結果が、今回の受賞につながりました。これからの目標の1つとして、最高齢最多勝利選手を達成できるように、日々精進してまいりますので、ご声援の程よろしくお願いいたします」

優秀女子選手
遠藤エミ(滋賀)

「昨年はレディースチャンピオンなどタイトルレースを獲ることができ、嬉しいこともありましたが、SG競走の舞台ではまだまだ力不足で結果が残せず、悔しい気持ちの方が大きかったです。今後はSG競走の舞台で結果が残せるよう頑張りますので、これからも応援の程よろしくお願いいたします」


□TOPへ