ニュース

スマホマクールで雑誌が読める!!


毎日が優勝戦?

11月19日更新



本日(11/19)まで尼崎で行われていた男女W優勝戦は、男子が稲田浩二、女子が田口節子の優勝で幕を閉じた。いずれも今年5回目の優勝で、来年のクラシック出場に大きく前進した。

優勝戦後には優勝セレモニーも行われたようだ。ここ最近は、感染症対策として優勝セレモニーは行われないことが普通だったので、徐々にボート界も平常運転の兆しが見えてきたといえそうだ。

優勝戦といえば、昨日(11/18)はどのレース場でも優勝戦は行われなかった。これは実は最近では稀なことで、どの場でも優勝戦がないという日は1ヶ月に2、3日しかない。逆に言えば、現在ではほぼ毎日、どこかのレース場で優勝戦が行われていると言ってもいい。

これは、08年頃から優勝戦が行われる日が偏らなくなってきたことによる。その前は日曜日に優勝戦が行われることが多かった。もちろん売上対策だろう。そしてさらにずっと遡り97年以前となると、優勝戦は火曜日に行われることが多かった。水曜日にはなるべくレースを行わないようにしていたからだ。

最近は電投も普及したからか、SGやプレミアムGI以外では、曜日に対する配慮は少なくなっている。そしてその結果、何十日も連続で、どこかでかならず優勝戦が行われる、そんな状況も生まれた。

本誌マクール連載のひまひまデータオフラインによると、その最も長い記録はなんと91日間連続。20年11月22日から21年2月20日まで、実に3ヶ月にわたって毎日どこかで優勝戦が行われていたのだ。その少し前の20年7月4日から8月28日にかけても、56日連続というケースがあったという。

舟券は基本的に優勝戦狙いという方にとっては、かなり忙しい日々だったのでは?


□TOPへ