ニュース

スマホマクールで雑誌が読める!!


◆琵琶湖:強烈な伸び足で北野輝季が大逆転V!!

前節に続いて雨風に見舞われた「大阪スポーツ杯争奪 第27回におの湖賞」は、最終日も午後から晴れ間が広がったものの同時に風も強まり、またもや8Rから安定板使用となり、優勝戦も安定板使用でレースが行われた。
スタート展示同様に本番も枠なり進入となった優勝戦だが、5日目の準優を3コースまくりで勝ち上がった3号艇の下出卓矢がボートを引きカドを奪取し、2対4の隊形で各艇進入を開始した。スリット上では1番人気の1号艇・間野兼礼がコンマ12のスタートを決めたが、3カドにした下出がさらに早いコンマ09のスタートを決めて一気にまくり、スロー2艇を飲み込む。下出マークの大谷直弘が続いて中央突破の構えも展開を割れず、その外の松下直也は外マイで、そして大外の北野輝季は最内を差して先行艇を追う。
スリット裏ではまくった下出が完全に脱け出し次位争いに焦点が移ろうかと思えた矢先、最内を差した北野がグイグイ伸びて先頭に迫る勢い。その後方では残る4者がだんご状態で2マークに突入。先頭争いは内から伸びた北野が2マークを先取りし大逆転。まさかの逆転を許した下出は懸命にこれを追うもパワーの差は何ともしがたく差は詰まらず、逆に3周1マークで完全に水をあけられ万事休す。北野の大逆転勝利が確定した。
下出は無念の2着。そして、だんご状態から脱け出した松下が、こちらもパワーで後続を振り切り3着入線。3連単は6-3-5で94,210円(117番人気)と、予選では18万円台の超大穴も飛び出した今シリーズは、最後も大波乱の結末が待っていた。


□TOPへ